スタッフの面倒見の良さ

講義の前後に講師に気軽に質問できる環境の予備校がおすすめ

医学部の予備校に入会を決める時に、スタッフの面倒見の良さを重視する人は少なくありません。特に、現役で難関大学の医学部に合格をするためには、日々の学習のモチベーションを高めたり、苦手分野をスムーズに克服したりする必要があります。数ある医学部の予備校の中でも、講義の前後に講師に気軽に質問できる環境が整っているところは、様々な立場の高校生の間で支持が集まっています。最近では、講師との相性をチェックできる模擬授業や入会説明会などの機会を設けている医学部の予備校の数も増えています。そのため、講師のサポートの良し悪しを判断するうえで、同年代の受験生に高く評価されている予備校の特色を早めにチェックするのがおすすめです。

チュートリアル制度がある予備校なら無理なく学習に取り組める

チュートリアル制度がある医学部の予備校は、現役の医学部生のチューターが学習全般に関する相談に乗ってくれるため、試験当日まで不安なく学習を進められるといったメリットがあります。また、予備校によっては希望のチューターを指名できるところや、定期的に保護者を交えた三者面談を実施しているところもあり、時間を掛けて志望校を決められるようになっています。チュートリアル制度の仕組みについては、それぞれの予備校の方針やコースによっても違いがあるため、入会前にいくつかの予備校の資料に目を通して詳しく調べておくことが重要です。また、自分自身の学力を考慮しながら受験対策を立てるうえで、模擬試験の結果をもとにチューターと相談しながら今後の学習計画を立て直すことができる予備校を選びましょう。