医学部専門予備校にかかる費用

一般的な費用感を知ろう

医学部専門予備校に通うためにどのくらいの費用がかかるのかは選ぶ予備校によって違います。ただ、月額10万円前後のことが多い一般的な予備校に比べると費用は高めになっているので注意が必要です。比較的安いところなら月額10万円少々で済みますが、高い場合には月額50万円くらいになっています。平均的には25万円くらいなので、年間で300万円の負担をすることになります。受験前の一年間だけであればこの程度で済みますが、前の学年のうちから通っておこうとするとかなりの金額になってしまうのです。ただ、その分だけ医学部受験に特化して充実した内容の授業を受けられます。医学部に合格したいのなら医学部専門予備校を選んでおくに越したことはありません。

費用の内訳を知っておこう

本当に年間300万円以上もするような費用をかけてでも医学部専門予備校に通う意味があるのかと疑問に思う人もいるでしょう。費用の内訳を見てみると少し考え方が変わり、納得できるようになるかもしれません。授業料と言われていることもありますが、基本的に授業をするサービスへの対価以外の料金も月額料金に含まれています。テキスト代や授業で使用する消耗性の教材費などが代表的なものです。それに加えて、多くの医学部専門予備校では模試の受験費用も含んでいます。さらに、予備校によっては夏期講習や冬期講習をいくつかは無料で受けられる仕組みになっているのです。このような費用も含んでいると考えるとそれほど高くないとも考えられるでしょう。

医学部の予備校の個別指導塾は各地にあります。一対一の授業のため集中することができ、分からないことも気楽に質問できます。